全国・住まいるニュース

2021
バックナンバーはこちら

愛知県の㈱神谷綜合建設(神谷善照社長)を紹介します。

平成元年に現社長の神谷善照氏が独立されて以来、豊橋市を中心に東三河地方で活動され、自由設計の注文住宅という特性を生かし、1軒ずつお客様にふさわしい家を目指し、ヒアリングから設計、施工まで担当者がそれぞれ腰を据えて取り組んでいてこれまでの実績棟数は700棟以上に上っています。
少しずつ実績を積み上げながらも、1棟1棟丁寧につくり上げることを大切にし、またこの間「デザイン」と「性能」の両面を追求し、そのために3つの事にこだわってきました。

・デザインは設計士がすること。
・現場を管理する現場監督が、家づくりのすべてに
 精通していること。
・優れた技術と品格を備えた職人を厳選すること。


以上の3拍子揃って、はじめて家はおしゃれで、頑丈で、
快適なものになる
・・それが「カミヤの家づくり」の信念です。

南瓦町モデルハウス 写真NO.1

技術が裏打ちする、
安心して住まえるこだわりの家!

カミヤの家の強みは、何と言っても技術力です。一級建築士や一級建築施工管理技士が現場監督をしています。図面を正しく読み解けるからこそ、設計士が求める完成形を正しくイメージできます。また、材料の調達を自ら行うことで細部に至るまで納得いく家づくりができます。 骨太の構造、全棟の構造計算の実施、耐震等級は最高等級である3を確保、 断熱性や気密性といった機能性とデザイン性に優れたカミヤの家ならではの 住宅の完成に至っています。

南瓦町モデルハウス 写真NO.2

格好良さにはワケがある!
その会社のデザイン力!!

洗練されたデザインと高い性能を両立させるのがカミヤの家の基本です。たとえば屋根は、高い断熱性能を確保するために断熱材を入れると分厚い造りになってしまいますがカミヤの家ではしっかりした断熱性能を確保しながらも、屋根の端部を段状に細くなるように加工するなどして軽快に見えるよう配慮しています。 室内では、フローリングの貼り方にも注意、フローリングの方向によってすっきりと部屋が広く見えます。壁に点在するスイッチの高さを統一し、ドア枠を細く見せるように処理するなど、デザインの細部まで目配りしています。デザインと機能・品質の両面を追求していくのがカミヤ流です。

南瓦町モデルハウス 写真NO.3

頑丈で・快適な家づくりのために
−カミヤの家のこだわりの工法
P.V.ソーラーハウス(太陽光発電・蓄熱式暖房)

太陽エネルギーを利用して、高熱費の削減と環境負荷の 軽減を計る住宅です。暖房や給湯等のシステムを 組み合わせる事で光熱費を削減する事ができます。カミヤの家では、こうした設備類に加え、家そのものの断熱性能を向上させる事で、より良い住環境が 生まれ、結果的に省エネルギー=温暖化防止につながると考えています。

二重通気断熱WB工法

通気層によって、夏は窓を閉め切った状態でも、家の中には 常に新鮮な空気が流れ湿気や有害物質を外部へ放出しています。逆に冬は形状記憶 合金の働きで通気口が閉まり、通気層は保温層へと変身します。 まるで呼吸をしているようなWB工法の家は湿気を溜込まない仕組みなので、 住む人にとって心地良いのは勿論、構造材にとっても敵となる湿気を逃がして くれるので、長持ちする、家自身が健康的な住まいです。

モデルハウスへどうぞ
(家づくりの第一歩です!)

南瓦町モデルハウス 写真NO.4

南瓦町スタジオ(未来の安心を創る、先進の家)

新しい技術を取り入れた高い住宅性能と、暖かな木の質感を生かしたデザインが融合し、未来を見すえた先進のモデル住宅です。次世代の断熱基準「HEAT20 G2グレード」をクリア、省エネと創エネに優れ、電気自動車を蓄電池代わりにするなど、光熱費を下げるだけでなく、環境にも配慮した持続可能な社会の実現にも貢献します。自由設計ならではの使い勝手と遊び心あふれる間取りの提案。創業から変わらない「カミヤの家」の想いを継承し、これからの社会にふさわしい住宅です。

飯村モデルハウス 写真NO.1

飯村モデルハウス(自然と暮らす。自然に暮らす。)

大きな吹き抜けによって、縦にも横にもつながった空間。無垢の木が生み出すぬくもり、そしてなつかしさ。薪ストーブの火を囲んでの家族団欒等々・・ カミヤの家をつくるために、≪自然のちから≫を味方にしました。 自然のちからとは、光・風・火・木・土の5つ。 自然素材をふんだんに使用したモデルハウスに息づく ≪自然のちから≫ を、ぜひ体感してみてください。

飯村モデルハウス 写真NO.2

飯村モデルハウス 写真NO.3


価値のある建物をつくりたい

カミヤの家づくりの外せない特徴として、技術者を厳選している事です。神谷善照社長は、公共建築物や大型ビル、木造住宅などの様々な建築経験を経て、現在の神谷綜合建設を創業以来、住宅建設を中心に歩みを進めてこられました。 技術畑出身で、精度の要求される幾多の工事を手がけてきているだけに、「クレームのない仕事」に対するこだわりは人一倍強く、基礎、構造、仕様、仕上げなどあらゆる面で、自らが細かい注文を出し、それに耐えることのできる技術者だけが、カミヤの家の技術者として淘汰されてきました。 「我々は売れればいいとは思っていない!我々が創りたいのは価値のある建物だ!」 その建物はプロが見て「どこで建てたの?」と聞かれるような完成度でなくてはならない! この信念は、カミヤの家づくりに脈々と流れ、現在でもすべての現場に浸透しています。 「うちの建物は難しいよ」・・ニヤリと笑う神谷社長の言葉には、技術者としてのプライドがこめられているのですね!!

飯村モデルハウス 写真NO.4

200%楽しい家づくり!
カミヤの家は、契約してからも楽しい!!

神谷社長曰く・・・(カミヤの家は、契約してからも楽しい!!)・・お客様がよく言ってくださる言葉です。そしてそれは、私たちにとって、最高に嬉しい褒め言葉なんです。 施工件数を追い求めるのではなく、一棟一棟を丁寧に建てること、それが多くのお客さまから信頼を得られた理由だと考えています。 家づくりに長年携わってきましたが、この仕事は本当に面白く、やりがいがあります。 家を引き渡したときのご家族のうれしそうな顔を見たとき、なんとも言えない喜びが胸にこみ上げてきます。みなさまの生活する場をつくっているという重責を胸に、地元に根差した工務店としてカミヤの家づくりは、これからも進化し続けてまいります・・・との事。

今後とも神谷総合建設様のご活躍を期待しています。

 

㈱神谷綜合建設

〒441-8122
愛知県豊橋市天伯町豊216-2
https://www.kamiso.com

■住まいづくりに関する情報・ニュースを募集しております。

土佐和紙壁紙
提供:(有)ハウスシステム

■2004~2006年 Vol.29までの「全国・住まいるニュース」 は、こちらからご覧ください。

旧・住まいるニュース


■こちらのページで使用した土佐和紙壁紙の品名
 
雁皮藍色紙
HS-102
 
麻雁皮こうぞ空
HW-25
 
晒こうぞ雲竜紙
HS-51
 
こうぞ入新緑
HW-29
 
備長炭入り
HW-03A
  晒麻清流紙
HS-53
 
ケナフ皮入り白
HW-10
 
麻入り薄藤
HW-26
  杉皮入り
HN-65

■住まいるニュースの提供は...
土佐和紙を通じ住環境に貢献する
有限会社 ハウスシステム
エコ事業部
TEL:O87-847-7242
E-mail : info@tosawashi.com
Copyright (C) 土佐和紙壁紙 全国・住まいるニュース All Rights Reserved.